スポンサードリンク
スポンサードリンク

コンプレッサーとは

アネスト岩田のコンプレッサーについて説明していきます。
コンプレッサーというのは気体を圧縮する流体機械のうち、吐き出しの圧が100kPa以上で、かつ圧縮比が2以上のものを指します。
一般的に民間で使用されるコンプレッサーは容積圧縮機というタイプのもので、この中にもいくつかのタイプが存在します。
ピストンの往復運動によるシリンダーの容積変化で圧縮するタイプのものは往復圧縮機。これは一般的なピストンを使ったものの他に、高圧用や危険なガスを取り扱うためのダイアフラム式圧縮機などもあります。
特徴としては大容量に適さない。高圧縮が可能である。ピストンの往復や弁の開閉による振動と騒音が大きい。機種の豊富さなどが上げられます。
用途としては低温用冷凍機、高圧用空気圧縮機、自動車用のエアブレーキシステム、鉄道車両用電気空気圧縮機などが主になり、工業や業務用の用途が想定されていることが多いようです。

評価の高いアネスト岩田コンプレッサー

アネスト岩田はこれらのコンプレッサーの販売・製造を主な業務としている企業で、神奈川県横浜市に本社を置く老舗のメーカーでもあります。その創業は1926年と古く、塗装用機械の製造業を経て東京証券取引二部上場、一部指定替えを経て現在の社名に変更、今に至ります。
アネスト岩田のコンプレッサーはその機能や耐久性の面で評価している企業やメーカーも多く、業界では古参のメーカーとして愛用している現場もかなり多いようです。またアネスト岩田のコンプレッサーはその幅も広く、レシプロ、ツインスクリュー、スクロール、ダブルツースなどがあります。これらは種類によって利点や欠点が存在し、用途や設置場所の広さなどに鑑みて使用するものを選択するのが定石です。

種類の豊富さと信頼性の高さ

それぞれのコンプレッサーの特徴を簡単に説明すると、レシプロは本体吐出にバルブが必要で構造自体がトルク変動が大きく低速回転のため音と振動が大きいとされています。ただし最も安価で、コンプレッサーといえばまずこれを思い浮かべるほどメジャーな代物です。
他のアネスト岩田のコンプレッサーの機種に関しても詳細はそれぞれありますが、おおまかに要って羅列順に機能が高くなり、あわせて単価や運用・整備の費用も高くなっていく、ということになります。アネスト岩田のコンプレッサーはこの種類の豊富さと、ひとつひとつの信頼性の高さに定評があり、上位機種ではオイルフリー専用本体で二段圧縮を採用しているため、さらに高い効率と耐久性を誇ります。

アネスト岩田のコンプレッサー